2019年2月4日月曜日

指圧と太極拳は似ている

昨日は指圧研究会に参加してきました!

確か2003年に入会したので、気が付けば今年で16年目に突入しました。

早いものだ。。

太極拳が鍼灸学生の頃に学んだことを合わせて12年。

ある整体の会では講師まで務めさせて頂きましたが、そこが10年。

これ迄の中で一番継続しているのが指圧の研究会なのだなぁ~。

太極拳を約9年前に再開したのも、指圧や整体の技術を高める為に身体操作を研究したくてでした。

話が脱線してしまいましたが、昨日は指圧の研究会で、姿勢や触れ方について先輩からアドバイスを頂きました。

自分だけだと気が付かないような姿勢の崩れや触れ方を指摘して頂けて、16年学んでも奥が深いなぁと改めて思いました。

何だかアドバイスを頂いたことが、最近の太極拳で意識していることとソックリ!

身体の使い方なので似てくるのは当たり前のことかもしれませんが、同じような言葉が先輩から出てくるととても不思議。

これ迄、何年も一緒に指圧の稽古をしてきて今のタイミングで同じ言葉が出るというのは繰り返しになりますが、不思議な体験ですね~。

太極拳が立った状態で行うのに対し、指圧は床に座った状態か片膝立ちで行いますが、同じ意識の仕方と言ってもかなり感覚が変わります。

しかし共通点がハッキリしたので指圧の稽古も太極拳の稽古も捗りそう!

指圧も太極拳も下半身の使い方が重要ですね。

さて本日は定休日なので稽古に励みたいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿

指圧の質が変わった?

最近、患者さんに「指圧のやり方を変えましたか?」と聞かれました。 私としては変えたつもりが無かったので、「変えたつもりは無いですが、なぜ?そのように思うのですか?」とお聞きすると 患者さん「いつもより身体がリラックスして、物凄く眠い。。」とのことでした。 と言うか、さっきま...