2019年2月4日月曜日

指圧と太極拳は似ている

昨日は指圧研究会に参加してきました!

確か2003年に入会したので、気が付けば今年で16年目に突入しました。

早いものだ。。

太極拳が鍼灸学生の頃に学んだことを合わせて12年。

ある整体の会では講師まで務めさせて頂きましたが、そこが10年。

これ迄の中で一番継続しているのが指圧の研究会なのだなぁ~。

太極拳を約9年前に再開したのも、指圧や整体の技術を高める為に身体操作を研究したくてでした。

話が脱線してしまいましたが、昨日は指圧の研究会で、姿勢や触れ方について先輩からアドバイスを頂きました。

自分だけだと気が付かないような姿勢の崩れや触れ方を指摘して頂けて、16年学んでも奥が深いなぁと改めて思いました。

何だかアドバイスを頂いたことが、最近の太極拳で意識していることとソックリ!

身体の使い方なので似てくるのは当たり前のことかもしれませんが、同じような言葉が先輩から出てくるととても不思議。

これ迄、何年も一緒に指圧の稽古をしてきて今のタイミングで同じ言葉が出るというのは繰り返しになりますが、不思議な体験ですね~。

太極拳が立った状態で行うのに対し、指圧は床に座った状態か片膝立ちで行いますが、同じ意識の仕方と言ってもかなり感覚が変わります。

しかし共通点がハッキリしたので指圧の稽古も太極拳の稽古も捗りそう!

指圧も太極拳も下半身の使い方が重要ですね。

さて本日は定休日なので稽古に励みたいと思います!

2019年1月18日金曜日

第108回晴明堂体操教室

本日は第108回晴明堂体操教室を行いました!

元々は10:00〜11:20の身体を整える歩き方教室だけを行っていました。

しかし1年ほど前から折角9:00〜12:00まで借りている会場が勿体無いということもあり、9:00〜10:20は健康太極拳教室
10:30〜1150は身体を整える歩き方教室
を行うようになりました。

あれから1年か〜。
月日が経つのは早いものですね。

本日の太極拳では足と手を繋げる練習を行いました。

皆さん最初は戸惑った様でしたが、最終的にはかなり上手に出来るようになってました!

ちょっとタイミングが難しいのですが、上手く足と手が繋がると殆ど腕力を使わずに身体全体の力を手に伝えることが出来ます。

この力とは筋力ではなく調和による力。

これを日常生活に役立てるということで、重たい扉を使って足と手を繋げて扉を開ける練習をしました。

するとかなり簡単に扉を開けることが出来ます。

後半は身体を整える歩き方教室でしたが、太極拳教室で行ったことを引き続き扉を開けることをテーマに練習しました。

またシャッターの持ち上げ方も教わりたいとの要望が出ましたので、そちらの練習も行いました。

実はこの扉の開け方は何度か教室のテーマとして行っていたのですが、ベテラン参加者さんから嬉しい報告を頂きました。

「千代田線の車両間の扉が最近重くなって、開けれなかったのを若い女性に手伝って貰って扉を開けたんだけど、以前に教わった扉の開け方を思い出したから試しに一人で扉を開けてみたら簡単に開けることが出来た!」とのこと。

それを見ていた男性乗客がビックリしたような目をしていたとのことでした。

この方は70代女性ですが、ちょっとしたコツで男性が驚くほどの扉でも開けることが出来るのですよね〜。

実際に生活に活用して頂けた報告は嬉しいものですね!

他の参加者の方も上手に出来ていたので、生活に役立てて頂けたら嬉しく思います。

一人の参加者さんの会社の扉がかなり重いとの事なので、来月の体操教室での報告が楽しみです😀

2019年1月13日日曜日

簡易温冷療法


患者さんにメールでお伝えした内容を投稿させて頂きます。

缶缶療法のやり方について

ホット・アイスボトル缶コーヒーを2つ買います。

缶の表面がツルツル滑り易いものが良いかと思います。

1つのボトルには熱めのお湯を入れて頂きます。

肌に軽く当てると2秒ほどで熱いなと思う程度の熱さにお湯の温度を調整します。
※火傷に注意して下さいね

もう1つのボトルには冷えた水を入れます。
※夏には氷を追加で入れると効果的です。

皮膚の荒れている場所に温冷温冷と皮膚の上をボトル缶で擦る様に刺激を与えます。

温温温と約20cmほど3回摩り

冷冷冷と約20cmほど3回摩り

温温温と約20cmほど3回摩り

冷冷冷と約20cmほど3回摩り

を繰り返します。

大体5回ほど繰り返すと良いかと思います。

お腹はおヘソを中心に円を描くように温刺激を行います

その後、ヘソの上下左右にチョンチョンチョンと軽く触れるように冷刺激を行います。

お腹は5回繰り返すと言うよりは温刺激を20秒ほど与えてから冷刺激を上下左右に1回づつ触れる様に刺激を行えば良いです。

爪の生え際は軽く温で触れて冷で触れるを5回ほど繰り返すと良いです

全ての刺激は温で始まり冷で終わらせる様にして下さい

首から上の刺激は温刺激は少な目にして下さい

余り温め過ぎますとのぼせでしまいますので気を付けて下さいね。

この缶缶療法は皮膚炎だけでなく関節痛にも効果的です

ご家族で行う場合は背中や仙骨も刺激すると良いです

手足の指先(爪の生え際)、お腹、仙骨、背中は自律神経の調整に良いです

それプラス痛みや痒みなどの症状がある場所を刺激すると良いです

全ての場所を行うことが大変でしたら症状のある場所だけ刺激してみて下さいね

2019年1月11日金曜日

逆子施術勉強会を行いましました

本日は晴明堂手技療法勉強会を行いましました!

本日は晴明堂で行っている逆子の施術法をお伝えしました。

晴明堂での逆子施術は鍼のお灸だけでなく、指圧と骨盤調整の他にテーピングを使って逆子に対してのアプローチをしています。

その他に患者さんには晴明堂オリジナル逆子体操をお伝えしております。

本日はその中で、逆子に対する指圧法と骨盤調整法、そして逆子テーピングをお伝えしました!

本来なら2時間の予定が22時まで延長しての勉強会となりました。

参加して頂けた方にはしっかりとマスターして頂けたらな〜。

次回は2月1日㈮に開催予定です。

定期的に皆さんにお話させて頂く機会は、とても自分自身の勉強となりますね!

2018年12月30日日曜日

自発動?

先日、来院された患者さん
頭の中で音がするとのこと

立位姿勢を確認させて頂くと。。
前面からは骨盤の上に胸郭がなく顔は傾いていました。

側面からは腰椎過前弯が気になる。
その為か頭は前方へ突出し、頭の付け根(後頭下筋群)の緊張が疑われました。

次に座った状態で脊柱を触れると脊柱の歪みが有るのは当然ですが、頭の傾きと捻れが強く見られました。

この姿勢だと症状も出てしまうのは仕方がないかな?

特に気になったのは腰椎過前弯と頭の歪み。

施術では腹部指圧と頭蓋調整を中心に行いました。

施術の仕上げに頭蓋調整を行ったのですが、部分毎の調整が終わる度に、患者さんが首をグニョグニョ動かし出す。

首の位置が辛いのかな?と一応確認すると、「勝手に動いてしまう。辛くはない。」とのこと。

5箇所ほど頭蓋骨のポイントを調整したのですが、調整が完了すると動き出す。

これが以前に書籍で読んだことのある自発動?

途中で、この動きを止めるのは良くないと感じ。次のコマが空いてましたので、動きが自然と止まるまで調整を続けました。

最後に姿勢を確認させて頂くと頭の傾きがかなり真っ直ぐになり、耳や顎の位置も変わりました。

施術をさせて頂きながらとても勉強になりました!

頭蓋骨の各部位毎に調整が終わると自発動が始まっていたのが、とても印象に残りました。

また蝶形骨の調整ではとても動きが大きかったことと、調節する部位によって動きが違ったことが印象的でした。

★覚え書き
後頭骨
動きはほぼ無し

側頭骨
動き大きく、時間3分ぐらい
伸展位と屈曲位での側屈を繰り返す

頭頂骨
動き小さく、時間1分ぐらい
小さな側屈繰り返す

前頭骨
動き小さく、時間1分ぐらい
前屈後屈繰り返す

蝶形骨
動きとても大きく、時間5分ぐらい
とても大きな動きで円錐状。

2018年12月25日火曜日

第107回晴明堂体操教室


先週は今年最後の晴明堂体操教室でした!

前半は太極拳を行いました。

新たなメンバーも定期的に参加して下さるようになり3回目。

太極拳は難しいと言われながらも楽しんで頂けている様子。

新規メンバーの方には台湾で教わった鬆身七法と言うリラックス法の中の第三法までを復習として細かくお伝えさせて頂きました!

その後、身体を整える歩き方教室を行いました。

今回は歩き方教室と言いながら歩き方ではなくお互いの身体の歪みを参加者の皆さんでチェックしてから背骨の歪みを整える方法をお伝えしました。

ちょっとした体操と座り方の練習をするだけで、腰から背中に掛けての歪みがどのようになるかを皆さんに確認して頂きました!

自分だけですと目で見て変化を確認することが難しいですが、他の方の背中から見た姿勢の変化は分かりやすく、体操をお家で続けるモチベーションアップに繋がった様でした。

また痛みも軽減した方もいらっしゃって、毎日のちょっとした習慣の大切さを感じて頂けたよう。

その後は、体幹を意識したカバンの持ち方や重たいドアの開け方を練習して頂きました。

お一人の方が使っているカバンが重たくてどうすれば良いかと言う質問からの脱線でしたが、持ち方と体幹の意識の仕方をお伝えすることで、カバン👜が軽くなった様に感じると喜んで頂けました!

このカバンの持ち方のコツは様々な日常生活動作に活用することが出来るので、掃除をする時やや料理をする時に意識して頂けるようにお願いしました。

ちょっとした工夫で身体の負担が少なく壊さない使い方に繋がります。

多くの痛みは普段の姿勢や動作に原因があることが多いので、見直して頂けたらと思います。

次回は2019/1/18㈮に晴明堂体操教室を行う予定です。

ご興味のある方は是非お気軽にご参加くださいね!

2018年12月14日金曜日

本日は晴明堂手技療法研究会でした

本日は晴明堂にて手技療法研究会を行いました!

太極拳的身体操作を手技に活かすように研究会を行ってます。

参加者曰く「疲れた状態ではキツイので、勉強会前には疲れを貯めないよう気を付けている」とのこと。

確かに慣れない方には、ちょっと辛い姿勢かもしれません。

しかし、姿勢や身体の使い方を理解すれば辛くもなく手の力も抜けて施術効果が高まります!

しかも施術者の身体を壊さないような動作に繋がります。

何とか身体の使い方や人間の反射について感じて頂きたく、手技療法の稽古前に太極拳を体験して頂きました。

ちょっとは何かを感じて頂けたよう!

私達は自分自身が思っている以上に自分のことをコントロール出来ていないことを体験して頂きました。

そして太極拳の稽古相手であっても、施術する相手であっても反射的動作があることを確認して頂きました。

気付けば、指圧研究会で言われていた事。

何となく言葉を聴いて分かったような気になっていたことが、太極拳で実験すると明らかに分かる。

施術と太極拳との繋がりは深いものですね〜。

勉強会の最後に関節調整を体験して頂きました!

こっちの方が、かなり変化を感じて頂けたようでビックリされていました。

いや待てよ
この関節調整にも陰陽を混ぜれば、もっと効果を高められるのでは?

アイデアが広がりますね〜。

やはり武医同術なのですね
きっと

指圧と太極拳は似ている

昨日は指圧研究会に参加してきました! 確か2003年に入会したので、気が付けば今年で16年目に突入しました。 早いものだ。。 太極拳が鍼灸学生の頃に学んだことを合わせて12年。 ある整体の会では講師まで務めさせて頂きましたが、そこが10年。 これ迄の中で一番継続している...